WORLD WIDE FLIGHT ACADEMY
アイコン:電話03-5403-6420
電話受付/平日 8:30~17:30
土・日・祝日は担当に転送されます。

パイロット留学 オーストラリア

航空先進国で、女性パイロットも多い。 広大な大陸でパイロット留学。

飛行機

パイロット需要が急増する
オーストラリアの充実した留学・訓練環境

パイロット留学先としてオーストラリア想像する方は、日本では少ないと思われます。
ですが、オーストラリアは実は「航空先進国」です。
広大な面積を誇り、大小様々な島も有するオーストラリアでの生活に、飛行機はなくてはならない存在であり、「航空医療」などに関しても先進的な国の一つです。

東西南北に広大な面積を誇るオーストラリア大陸は、島国でありながら大陸という名前が着くほど広い国土を有しています。
さらにその周辺には多くの島国が存在します。
そんなオーストラリアの政治、経済、生活を支えるのに航空機は必要不可欠で、切っても切れない密接な関係にあります。
オーストラリアでパイロット留学すると、もれなくその広大な国土と自然豊かな景色を上空から楽しむことができます。

他国と同様にオーストラリアもICAO基準に則り操縦ライセンスの規定がなされているためオーストラリアで取得した操縦免許を他国へ切り替えることも可能です。
航空大国のオーストラリアは、コロナ規制が緩和されてからパイロット需要が急に増加してきており、多くの航空会社がパイロット確保に向けてフライトスクールとの連携を始めています。

オーストラリアは元々移民の国でもあるため、様々な人種が働いている関係からパイロットの国籍も様々です。
これがまさしく航空大国と言える理由の一つで、パイロット育成環境がオープンで、インターナショナルです。
またオーストラリアは女性パイロット育成に力を入れており、どのフライトスクールでも女性訓練士を多く見かけます。
特にオーストラリアのフラッグシップキャリアであるカンタス航空は「2035年までにパイロット男女比を50:50にする」と公言。
パイロット確保だけでなく女性が今まで以上に活躍できる航空社会を作り上げる取り組みを積極的に行っています。

アフターコロナ オーストラリア入国情報

オーストラリアは今現在入国の規制緩和に伴い、日本からもビザもしくは電子渡航許可(ETA)があれば入国可能です。
詳しい最新情報はコチラのリンクからご確認下さい。
https://townwifi.com/aftercorona/country/australia/

オーストラリアはETAで最大90日間の滞在が可能ですが、滞在目的によりビザの取得が必要となります。
弊社ではオーストラリアへのパイロット留学でビザが必要な方へ向け、ビザ手配のお手伝い(専門業者を通して)をさせて頂くことも可能です。

ETAでの入国及び滞在する要件は以下をご確認下さい。

  1. オーストラリアでの休暇滞在
  2. クルーズ中にオーストラリアへ入国する必要がある場合
  3. 親族や知人の訪問
  4. ビジネス目的(渡航者が報酬を得ない会議、商談、セミナーなどに限ります。)
  5. 学校へ通ったり訓練を受ける(各種条件があります。)
飛行場 飛行場

オーストラリアは歴史情緒溢れる街並みとオーガニックな食材に富む経済先進国でもあるため、訓練だけでなく観光も楽しめるパイロット留学先です。
また現在一部の施設やエリアを除きマスク着用の義務もありません。
シドニー中心部にあるショッピングモール「Queen Victoria Building」は佇まいだけでなく店内もオシャレな造りで、平日・休日問わず多くの人で賑わっています。
特にカフェの数が多く全てのフロアの端には必ずオシャレなカフェがあり、滞在中はついついカフェを巡りたくなるほどです。

オーストラリアフライトスクール参考価格

弊社提携フライトスクールパイロット留学生向け参考価格は以下の通りです。
※入校者(入校料支払い済み)で受け入れ先が決まった方のみ留学先フライトスクール詳細をお知らせ致します。
※問い合わせ段階でのフライトスクール の紹介はしておりません。これは各提携フライトスクールとの取り決めのためご了承下さい。

ライセンス種類 訓練期間 (目安) 費用 (オーストラリアドル) 日本円換算 (為替変動あり)
自家用免許(Private Pilot License) 3〜6ヶ月 $29000 約2,350,000円
事業用免許(Commercial Pilot License) 6ヶ月〜1年 $35000 約2,800,000円
夜間有視界飛行証明(Night VFR Rating) 1〜2ヶ月 $7000 約560,000円
多発免許(Multi Engine Endorsement) 1ヶ月 $5000 約400,000円

※訓練期間は訓練頻度によって異なります。

オーストラリアは他国と違いライセンスの種類や呼び方に若干の違いがあり、一概にICAO加盟国と一緒ではありません。
また他国同様に上記価格は基本価格で追加訓練は必須となってきます。
詳細な価格は個別説明にてご説明させて頂きますので遠慮なくお問い合わせ下さい。
LINEからでもお問い合わせは受け付けております。

訓練空港について

オーストラリアでのパイロット留学で訓練空港についてのご質問がありますが、主に2つの空港を拠点としており、シドニーとメルボルンに1箇所づつあります。こちらの訓練空港は年内に近場移転するため、詳細はお問合せいただいた際にお答えいたします。

しかしどちらの空港も何が魅力的かと言いますと、宿泊施設が完備されているという点です。
24時間の警備員配置はもちろん鍵付きの部屋で、日本からお友達やご家族が来た際は短期間宿泊することが出来ます。
治安がいい国といえども100%ではないため最善の策を尽くすスクールの手厚さが伺えます。
これらの施設の詳細は夏以降現地スタッフより報告させて頂きます。

注意)各国においてビザの規定や滞在期間には制限がある場合があります。宿泊費等実費が発生します。
注意)全ての国においてビザ手配及び手続きは本人での手続きとなります。弊社では承れないため提携ビザ業者の紹介を致します。

ライセンス取得に必要な飛行時間と基準

Recreational Pilot Licence(レクリエーショナルパイロットライセンス)

■取得要件
航空セキュリティーIDカード保有者
クラス1または2の航空身体検査診断書
航空英語能力証明または英語能力を証明できるもの。*語学学校成績や国際的な英語試験基準など

■必須訓練事項
実機訓練:31.2時間(同乗訓練)
実機訓練:5.1時間(ソロフライト)
シミュレーター:1時間
座学:13.5時間
航空知識:訓練生はCASA が定めるRPL(A)試験に合格する必要があり、訓練校の定める基準に合格する必要がある。

Private Pilot Licence(自家用操縦免許)

■取得要件
航空セキュリティーIDカード保有者
レクリエーショナルパイロットライセンス以上を所有している(十分な知識がある)
クラス1または2の航空身体検査診断書
航空英語能力証明または英語能力を証明できるもの。*語学学校成績や国際的な英語試験基準など

必須訓練事項
実機訓練:21時間(同乗訓練)
実機訓練:8.5時間(ソロフライト)
座学:7.5時間
口頭試験
航空知識:訓練生はCASA が定めるRPL(A)試験に合格する必要があり、訓練校の定める基準に合格する必要がある。

Multi-Engine Class Rating(多発免許)

■取得要件
航空セキュリティーIDカード保有者
レクリエーショナルパイロットライセンス以上を所有している(十分な知識がある)
クラス1または2の航空身体検査診断書
航空英語能力証明または英語能力を証明できるもの。*語学学校成績や国際的な英語試験基準など

■取得前提条件
実機訓練:9時間(同乗訓練)
座学:5時間
航空知識:各フライトスクール基準に準ずる

Multi-Engine Instrument Rating(計器多発証明)

■取得要件
航空セキュリティーIDカード保有者
レクリエーショナルパイロットライセンス以上を所有している(十分な知識がある)
クラス1または2の航空身体検査診断書
航空英語能力証明または英語能力を証明できるもの。*語学学校成績や国際的な英語試験基準など

■必須訓練事項
実機訓練:57.2時間
座学:15時間
航空知識:訓練生はCASA が定めるIREX試験に合格する必要があり、訓練校の定める基準に合格する必要がある。

オーストラリアパイロット留学の特徴と魅力

オーストラリアはなんと言っても広大な面積を誇る大陸ゆえに航空機の活用は欠かせません。
通常のチャーター利用はもちろん航空医療(エアメディカル)や遊覧飛行などとにかく航空機なしでは生活や移動が不便な国とも言えます、
実際シドニー⇄メルボルン便は朝6時を第一便とし夜22時まで30分に一便あるほど航空文化の栄えている国でもあります。
そんなオーストラリアパイロット留学の特徴をあげるとすると、事業用操縦士免許が最短150時間で取得できることです。
カナダが200時間、アメリカが250時間ですのでアメリカと比べると100時間も訓練時間を短縮できます。
訓練期間の短縮はもちろんですが、滞在費や訓練費の大幅に節約できることにつながります。
もちろんこの150時間の中に計器飛行、多発免許なども含まれているため何かを削っているわけではありません。

次に気になるのは訓練の質と安全性ですが、弊社提携のオーストラリアフライトスクールは政府許認可はもちろんのこと、スクール毎に厳しい基準を設けている為150時間の訓練時間の中でも質の高い訓練受講が可能です。

飛行機 オーストラリアの地図

天候と専用施設(空港)

オーストラリアが日本と季節が真逆なのは皆さんご存知かと思いますが、ベースとなる訓練空港が年間を通して降雨量が少なく、訓練に特化した施設(空港)となっているため、時間密度の高い訓練を受けることが可能です。
短期間でも質の高い訓練が受けられるため、他国に比べて比較的短期間で免許を取得することが可能になっています。
安全面においてはどの国、どのフライトスクールも同じですが徹底した「運航基準」「整備基準」が設けられており、日常の整備は勿論のこと年間を通した整備作業や安全管理も世界同様屈指のレベルを誇っています。

治安が良い

当社が各国と提携するにあたりそれぞれの地域の治安を最も重視しいます。
当たり前のようではありますが、日本と違い通りを一本間違えればとても危ない地域が海外には存在します。
オーストラリアの治安はカナダ同様に良く、現地の人も夜歩き回るのもさほど気にはならないと言います。注)推奨はいたしません。あくまで現地生活者の意見です。
街はおしゃれなカフェやオーガニック食材をふんだんに使用したレストランが多く、特にお肉は破格の安さです。
弊社提携のオーストラリアフライトスクールは全ての地域で寮(アパート、アコモ、ホームステイ、専用寮)がありセキュリティーも万全です。女性には女性専用の量があり警備員も常駐している為安心して訓練に集中することが出来ます。また、オーストラリア人は温厚で人柄が良くとても新日なため日本人にとっても過ごしやすい国と言えるでしょう。
街並みも綺麗で朝早くからウォーキングやランニングをする人もたくさんいます。
シドニー市街地を走る電車は夜遅くまで走っており、目的地まで気軽に行けるのも魅力の一つです。

オーストラリアの海岸の街並み

オーストラリアは冬夏逆??!!!

オーストラリアといえばカンガルーにコアラにと思い浮かべるかもしれませんが、オーストラリアは南半球に位置するため日本やカナダと季節が真逆になります。
だから、カナダやアメリカが冬で雨や雲が多く訓練ができない季節は、オーストラリアだったら訓練が可能!年間を通じて訓練を行いたい方にももってこいの環境です。
またオーストラリアは国土は広大で様々な環境が存在するため異なった環境下での訓練も技術向上に役立ちます。
オーストラリアのフライトスクールも高い訓練基準を設けているため他の国同様に高い操縦技術が身につくことでしょう。
日本との時差が1時間しかないため時差ぼけや日本の家族、恋人に連絡する際も時間を気にしなくていいというメリットも。
パイロット留学には日本だけではなく様々な国から訪れるほどパイロット留学では人気の高い国です。

風光明媚な風土、そしてパイロットの仕事が多い!

オーストラリアは多くの美しい都市があることからも観光客にも人気の国であり、訓練の合間に家族を呼び、観光する方もいます。
自家用免許さえ取得しておけばシドニーの美しい街並みを遊覧飛行だって可能!フライトするには最高の環境である各国では毎年数え切れない程のパイロットが世界各国から訪れ、高い技術を習得した後は世界の空で活躍していきます。
オーストラリアはその国土の広さから至る所に飛行場や、飛行機が離着陸可能な施設が設けられています。
そんなオーストラリアは他国にないパイロットとしての仕事も多々あることで有名です。
オーストラリアでもブッシュパイロットとしての職種は多く、仕事をしながらこの国特有の事情や特色を見ながら経験を積むことができる環境があります。

オーストラリアの街並み

電話、メール、LINEからご相談ください。

入校したらパイロット候補生!
パイロットになるにはどうしたらいいのか?
パイロットとして働くには?

装飾画像装飾画像お気軽にお問い合わせください。装飾画像装飾画像

アイコン:受話器アイコン:受話器
03-5403-6420

電話受付 年中無休
平日 8:30〜17:30
土日祝日は担当に転送されます。

女性の画像

パイロットに関することは
お気軽にご相談ください。

電話で相談する03-5403-6420 メールで相談する LINE 友だちに追加
女性の画像

パイロットに関することはお気軽にご相談ください。

電話で相談する03-5403-6420 メールで相談する LINE 友だちに追加