WORLD WIDE FLIGHT ACADEMY
アイコン:電話03-5403-6420
電話受付/平日 8:30~17:30
土・日・祝日は担当に転送されます。

パイロットのなり方

パイロットのなり方

パイロットとは男女問わず憧れる存在。
このサイトを見ている方も、自分で目指すことを決めたら「パイロットのなり方」などから調べることでしょう。
このページでは、そんなみなさんの疑問を解決できるページとなっていますので是非最後まで読んでください。
きっと「自分に合った」パイロットへの道が切り開けることでしょう。
今や世界はパイロット不足!
パイロットになると日本国内だけでなく世界で活躍することも夢じゃありません!

パイロットのなり方
コックピットから見る景色は正に絶景

ここでしか手に入らないパイロットの情報が満載!
最新情報を知りたい方は今すぐ友達追加!
相談は無料!

友だち追加0
公式LINE
パイロットのなり方
担当が丁寧に回答

無料説明会も大好評!!

パイロットになる方法

パイロットになる方法は国によっても異なることがありますが、ここでは代表的なものを解説していきます。
ご自身に合った最適な方法で挑戦するのが一番ですが、重要なのは訓練の「期間」「費用」になってきます。
一部例外を除いて訓練は「自費」になるため、より効率のいい訓練方法を選ぶことが最も重要となりますので、まずは目指す目標から決めてもいいかもしれません。
それでは解説していきます!

パイロットのなり方
パイロットの世界は魅力的!

1.自社養成

読んで字の如く、操縦士候補生として航空会社へ入社する方法です。
最低条件が4年大学卒業や大学院を出ていないと受験資格がないなどハードルの高さではトップクラスであると同時に募集人数が非常に少なく、毎年の募集がないこともハードルの高さが伺えます。
しかし、見事合格し入社すると費用は航空会社向けのため自己負担はないのは魅力的です。
パイロットのなり方として自社養成は一番憧れる道でもあります。
合格率は100人に1人。

2.航空大学

一度は聞いたことがあるかもしれませんが、半分民間、半分政府で運用されている大学。
入学条件に2年間以上の大学経験者でないと入れないため、こちらも狭き門として知られてます。
訓練はエアラインに就職するべく、訓練内容を省略するなど効率化を図ってますが、技術が追いつかいないと問題にもなっています。
航空大学は訓練費(授業料)が300万円前後と安いため、多くの方が目指しますが、一度大学に通わないといけないというデメリットがあるため時間を無駄にすることがあります。

3.パイロット留学

ここ最近注目度が高いのが「パイロット留学」です。
一昔前からありましたが、ここ最近はパイロットを目指す上での主流ともなってきています。
弊社も「パイロット留学」を取り扱っていますが、一番のメリットは「費用の安さ」にあります。
私立大学系になると訓練費は安くて2,000万円。高いと4,000万円程にもなります。
それに加えて4年間で飛行時間が200時間程度と、パイロットとしての技量が就職までに追いつかないデメリットがありますが、パイロット留学は1年半〜2年半で最大700時間以上の飛行も可能です。
パイロットのなり方として「訓練効率」「費用」「経験」どれをとってもパイロット留学はおすすめです。
パイロット留学詳細はコチラ

パイロット留学無料相談受付中!
まずはお友達追加から!

友だち追加0
公式LINE
パイロットのなり方
海外で働くのも夢じゃない!

4.私立大学系

日本にはいくつかの私立大学で「パイロット育成コース」を設けているところがあります。
これも日本がパイロット不足だからこそのことでしょうが、1番のデメリットは「高額な費用」です。
それでいて飛行時間が稼げないというのが更にネックとなります。
また募集人数も全体で250名弱という狭き門というのも現実。

5.自衛隊

志が強く、国防に興味があるなら自衛隊を一番におすすめします。
費用はかからず、給料も毎月もらえるため挑戦したい方は是非!
主ななり方は航空学生、防衛大学校、一般幹部候補生などありますが、どれも試験は難しいのが現実。
また国民の税金で訓練をするためミスをした場合の2度目のチャンスがないという厳しい現実があります。

6.海上保安庁

海上保安庁にも自衛隊同様に海上保安大学校へ入学してからパイロットを目指すコースがあるほか、既に一定の操縦免許を持っているパイロット向けに「有資格者枠」という制度もあるため、パイロット留学などで免許を取得した後に挑戦できます。
こちらも狭き門であることに違いはありません。
日本の治安と海の安全を守りたいという志ある方は是非、海上保安庁に挑戦を!

7.フライトスクール

フライトスクールはパイロットを目指す上で欠かせない存在です。
弊社も日本国内でのフライトスクールを準備しており、2023年夏頃には開校する予定です。
フライトスクールは各航空会社からの訓練(一部)の委託のほか、海外で取得した操縦免許を書き換える際に必要な訓練や座学を受けることができるため、とてもありがたい存在です。
しかし、初めから訓練をすると訓練費が私立大学並か超えてしまうこともあるため注意が必要です。
パイロットのなり方などを調べると最初に知るのもフライトスクールが多いですね。

ここでしか手に入らないパイロットの情報が満載!
最新情報を知りたい方は今すぐ友達追加!
自分に合った最適なコースをご案内!

友だち追加0
公式LINE

ここまで、パイロットのなり方からパイロットになる方法を書いてきましたが、イメージは掴めたでしょうか?
もし「もっと詳しく知りたい!」「自分も目指したい!」という気持ちがあれば遠慮なく公式LINEからお問い合わせ下さい!

パイロット留学という選択肢

先にも解説した「パイロット留学」はここ最近注目を浴びています。
メリットはなんといっても「費用の安さ」が挙げられ、日本の訓練費に比べ1/3程度になることがあります。
しかし費用だけ見ると1,000万円近くからそれ以上することもあるためなぜパイロット留学がオススメなのかを簡単に解説していきます。
詳細はリンクより見ていただければ嬉しいです!
皆さんが「パイロット留学という選択肢」を選ぶときの判断基準として3大魅力を解説します。

パイロット留学3大魅力

パイロットのなり方の選択肢としてパイロット留学の3大魅力を解説しますが、実際の魅力は3つ以上あります。
その中でも以下の3つについて詳細を解説していきますが、気になることは弊社公式LINEより遠慮なくお問い合わせ下さい。
1.「訓練費の安さ」
2.「訓練期間」
3.「語学力」

パイロットのなり方
パイロット留学は魅力満載

1.訓練費の安さ

国にもよりますが訓練費は日本の1/3程度。
自家用操縦免許なら200万円前後で取得できます。
それでいて高水準な訓練を受けれることは大きなアドバンテージとなり、訓練費の安さはパイロット留学を選択する上で1番の理由となるでしょう。
またパイロット留学では将来エアラインパイロットを目指せる専門コースがあるフライトスクールも多く、弊社提携フライトスクールでも受講可能です。

2.訓練期間

訓練期間が短いというのは結果的に訓練費を抑える効果がありますが、同時にパイロットとして就職するチャンスを上げることも十分に期待できます。
パイロットと聞けば若いうちから訓練をしなくてはならないと思う方もいますが、25歳や30歳から訓練を始めて就職することもできます。
よって訓練期間が短いということは年齢、性別に関係なく大きな魅力となります。

3.語学力

航空業界の共通言語は「英語」です。
これは世界中で標準となっています。航空管制、整備マニュアルなど全てが英語です。
国内線でも国際線でも英語が必要となることから「語学力」はとても重要な要素となります。
しかしパイロット留学はそんな語学力を高める絶好のチャンスです。
弊社はそれぞれの国に提携語学学校があるため訓練を開始する前に必要最低限の航空英語を勉強することができます。

いかがでしたか?
パイロット留学の3大魅力をお伝えしましたが、それ以外にもまだまだ魅力はあります。
「まだ聞いてみたい」「もっと詳しく知りたい」と思った方は是非、弊社公式LINEよりお気軽にお問い合わせ下さい。
きっと貴方にとって最適なパイロット留学をご案内できるはずです。

ここでしか手に入らないパイロットの情報が満載!
最新情報を知りたい方は今すぐ友達追加!
相談は無料!

友だち追加0
公式LINE

パイロット免許の種類

パイロットになるにはどうしたらいいのか分かった次はパイロット免許の種類です。
免許の種類は用途に応じて様々で、何を目指したいかでも変わってきます。
パイロットのなり方が分かっても、どんな「操縦免許」があるのか、どんな「用途」なのかが分からないとイメージがつきにくいかもしれないので、ここでは免許の種類を解説していきます。
国によって若干違う免許(レクリエーションパイロット)もありますが、解説では割愛します。
大きく分けて6つに分けられます。コチラでも解説しています。
1.自家用操縦免許
2.事業用操縦免許
3.計器飛行証明
4.多発操縦免許
5.操縦教育証明(教官)
6.定期運送用操縦士

これら6つについて解説していきます。

1.自家用操縦免許

まずはここから!
俗に言う自家用免許ですが、自動車でいう普通免許に該当します。
その中に、固定翼、回転翼、水上機、多発など部類は様々でプロパイロットを目指す人もまずは「自家用操縦免許」から始めます。
自家用操縦免許だけでも空の世界は十分楽しめますが、有償の飛行をすることができません。

パイロットのなり方
自家用操縦免許で操縦可能!

2.事業用操縦免許

プロパイロットとして働くにはこの事業用操縦免許が必須となります。
国により最低飛行時間が200時間もしくは250時間と定められており、オーストラリア、ニュージーランドに関しては150時間となっています。
海外では自家用操縦免許取得後に飛行時間を稼ぎ、事業用操縦免許を取得しチャーター会社などへ就職する人もいます。

3.計器飛行証明

もしかしたら「計器飛行」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その計器飛行をするのに必要なのが「計器飛行証明」です。IFR(Instrument Flight Rating)=計器飛行証明
簡単に説明しますと暗闇や、雲の中、目標物の見えない状態での飛行を「計器」「管制指示」のみで行う飛行です。有視界飛行法式をVFRと言うのに対し、計器飛行方式をIFRと呼びます。
プロパイロットを目指すのであれば「計器飛行証明」は是非取りたいですね。

4.多発操縦免許

双発免許とも呼ぶこともありますが、正しくは「多発操縦免許」です。
エンジンが2つ以上搭載された航空機を操縦するのに必須の免許で、エアラインなどのパイロットは必ず持っています。
多発操縦免許は訓練機がハイパフォーマンスなため、これまでの基礎をいかに真面目に取り組んできたかによって差が出る免許です。

5.操縦教育証明

教官免許とも言うことがありますが、「操縦教育証明」が正しいです。
日本では教官として働ける若年層が非常に少ないですが、海外では20歳くらいの教官がたくさんいます。
日本と違いエアラインなどへ就職するまでのキャリアアップとして働く人が多く、その後チャーター会社などで更にキャリアと技術を磨く人が多くいます。

パイロットのなり方
左の教官は20前半

6.定期運送用操縦士

要は「エアラインパイロット」の資格と考えていいでしょう。
定期運送用操縦士免許は、エアライン入社後に「機長」になるために必ず取らなければならない資格です。
日本ではフライトスクールで取ることはほぼ不可能ですが、海外では定期運送用操縦士の訓練を提供しているところも見受けられます。
ここまで取れば鬼に金棒ですね!

パイロットのなり方
夢のエアラインパイロット

いかがでしたか?
パイロットになるうえでの必要な免許と用途を解説しました。
「イメージが湧いた!」と言う方も「もう少し詳しく知りたい!」て方も公式LINEより遠慮なくお問い合わせ下さい!

ここでしか手に入らないパイロットの情報が満載!
最新情報を知りたい方は今すぐ友達追加!
相談は無料!

友だち追加0
公式LINE

パイロットのキャリア形成

パイロットのなり方や、方法が分かり、免許の種類も掴めたとこで次は「パイロットのキャリア形成」です。
情報が乏しいことから、パイロットのキャリア形成などは聞いたことがないかもしれませんが、実はこのキャリア形成こそが長く働く重要な要素ともなってきます。
ただ操縦免許を取得するのではなく、その次に自分が「どう働きたいか」「どんな世界を目指したいか」などを考えながら日々訓練することがパイロットとして働くためにとても重要になってきます。
ここではそんなキャリアのことについて解説をしていきます。
1.必要操縦免許取得
2.教官として働く
3.チャーター会社で働く
4.エアラインなどへ就職

パイロットのなり方
キャリア形成でチャーターは狙い目!

1.必要操縦免許取得

まずは将来の目標に向けて「必要操縦免許取得」から始めないといけません。
パイロットになる上で必要な免許は様々であることを解説しましたが、今回はエアラインで働くことを前提で、自家用操縦免許→事業用操縦免許→計器飛行証明→多発操縦免許→操縦教育証明まで取得したとして「必要操縦免許取得」が完了と仮定します。
*日本ではパイロットのキャリアを積むことは難しいため海外での事例を参照します。

2.教官として働く

これを聞くと、教官として働くのは経験を積んでからではないのかと聞かれますが、年齢の高い教官が多いのは日本特有です。
実はそれがパイロット不足の問題ともなっています。
海外では20代の教官がたくさんいます。
この理由の一つとして、最近まで学んでいた人は変な「癖」「自己流」がなく「基本に忠実」という理由が挙げられます。
パイロットを目指すうえで、キャリア形成として「教官」は外せない選択肢です。
ここで総飛行時間を750時間〜1000時間まで積み上げられたら理想的です。
若いうちから教官として働いて経験を積んで欲しいです。

3.チャーター会社で働く

皆さんは、チャーター会社で働くと聞くとどんなイメージがあるでしょうか。
日本では飛行機のチャーター会社が少なく、あまり聞きなれないですが海外は実に多くのチャーター会社が存在します。
旅客、物流など広大な土地を有するアメリカ、カナダ、オーストラリアなどは医療の現場でもチャーターが役に立つことがあり、生活インフラの基盤となっています。

これから求められるパイロット

パイロットになるにしても、ただ単になれば良いわけではありません。
全ての業種に言えることですが、求められる人材は必ずあり、パイロットの世界も同じです。
では、これから航空業界で求められるパイロットとはどんな人なのかを解説します。

パイロットの素質とは
社会性は何より重要

社会性

これだけ聞くと「社会性」とはいったい?と思う方もいるかもしれませんが、パイロツトは思いの外社会性がありません。
これは常識どうのではなく、パイロットになった後に勉強しない人が圧倒的で職場による「人間関係」「金銭問題」「夫婦関係」など多くの問題に直面した時に解決できずに心を病み退職したり、または最悪の事態を招くことも多々あります。

適応能力

パイロットは様々な場面に直面しますが、その度に的確な判断や冷静な判断をしなければなりません。
そこで重要になるのが「適応能力」です。職場環境だけでなく、日頃の生活においても柔軟な発想と冷静に分析し適応していく能力は非常に重要となります。

・免許を早く取得するにも適応能力が必要

意外かもしれませんが、操縦免許を早く取得するのに「適応能力」は必ず必要になります。
要は教官が指摘したことや、改善しなければならないことを素直に修正することが「適応能力」ともなります。

判断力

一瞬の迷いが多くの人の命を奪う空の世界では的確な「判断力」が必要とされます。
この操作は正しいか?今この状況でこのプロセスは正しいか?など多くの場面で判断力は必要となります。

決断力

いざという時に最後の判断をするのは「機長」です。
そしてその判断を実行に移すためには「決断力」が最も重要です。
判断は考えて導き出された結果であり、それを実行するのが決断となります。
その中にはとても辛い決断もあることでしょう。

広視野

広い視野を持つと言うことは常に何かを分析し、考えて行動している証です。
パイロットは案外地上に降りると視野が狭くなり人間関係が上手くいかない人が沢山います。
それが「社会性」がない一つの原因でもあります。

友だち追加
まずはお気軽に無料相談!

電話、メール、LINEからご相談ください。

入校したらパイロット候補生!
パイロットになるにはどうしたらいいのか?
パイロットとして働くには?

装飾画像装飾画像お気軽にお問い合わせください。装飾画像装飾画像

アイコン:受話器アイコン:受話器
03-5403-6420

電話受付 年中無休
平日 8:30〜17:30
土日祝日は担当に転送されます。

女性の画像

パイロットに関することは
お気軽にご相談ください。

電話で相談する03-5403-6420 メールで相談する LINE 友だちに追加
女性の画像

パイロットに関することはお気軽にご相談ください。

電話で相談する03-5403-6420 メールで相談する LINE 友だちに追加